五輪サッカーのU-24日本代表メンバーに向陽台高校出身の2人が選ばれてる。堂安律と谷晃生

東京五輪のサッカー男子U-24日本代表メンバーに向陽台高校出身の堂安律・谷晃生の両選手が選ばれています。

向陽台高校-202105232
(向陽台高校=大阪府茨木市宿久庄7-20-1。早稲田摂陵中学・高校と同じ学校法人早稲田大阪学園が設置していて、同敷地内にあります)

7月23日に東京で開会式が行われる予定の五輪の正式名称は「第32回オリンピック競技大会(2020/東京)」。

日本サッカー協会は6月22日、この大会に出場する24歳以下(U-24)男子日本代表のメンバー18人を発表しています。


この中にMFの堂安選手(オランダ1部・PSVアイントホーフェン)とGKの谷選手(J1・湘南ベルマーレ)が入っていて2人の出身校・向陽台高校も公式サイトで、「祝オリンピック出場」のタイトルで紹介。
「お二人の活躍を心より応援しています!」と激励しています。

堂安選手のTwitterの過去のツイートから↓


堂安選手のInstagramの過去の投稿から↓

堂安選手については以前にも紹介
谷選手も向陽台高校出身です。

JFA(日本サッカー協会)の公式サイトで、谷選手は今回の選出メンバーとして「『金メダル』という目標に向かって、自分の最大限の力を発揮したいと思います」とコメントしています。

■関連リンク



ライター:ビーフラ ビーフラ