関西高校アメフト選手権に茨木から2校が出場。関西大倉と追手門学院

関西高校アメリカンフットボール選手権に関西大倉高校と追手門学院高校が出場しています。

ソースはこちら↓
関西高校アメフト連盟のウェブサイトによると…。
4月3日開幕の大阪府春季大会は4月26日以降の試合が取りやめとなり、関西大会への出場は準決勝進出を決めていた4校が抽選で第1~4代表となったとのこと(第5代表は5位決定戦の勝者)。

その第1代表が関西大倉高で、追手門学院高が第3代表となっています。

関西大倉高校
(関西大倉高校=大阪府茨木市室山)

追手門学院高校-202105232
(追手門学院高校=大阪府茨木市太田東芝町)

関西大会は6月5日から開幕。

関西大倉高のアメフト部の公式Twitterによると…↓
関西大倉は4大会ぶりの出場で、6月13日に箕面自由学園と対戦の予定。 

追手門学院高アメフトのTwitterアカウントによると…。
追手門学院は5日に同志社国際に14-7で勝利。
12日に啓明学院高と戦うそうです。 

関西大倉のアメフト部のウェブサイトを見ると…。

「現在までに全国大会全46回中、出場27回、全国準優勝5回という実績を持ちます」と紹介しています。

今回、大阪府から関西大会へ2校の出場を果たしているのは茨木だけ。
高校アメフト界で茨木はなかなかの存在感があるといえそうです。

■関連リンク



ライター:ビーフラ ビーフラ